ドクターブログ

beauty骨活(ビューティーほねかつ)

2019/05/13

皆さんは骨づくりに取り組んでいますでしょうか?

「イラストや 骨」の画像検索結果

筋肉トレーニングには取り組まれている方が多いと思うのですが、筋肉トレーニングだけでは、骨づくりできていない可能性があり、たとえジムに通っていても、安心はできません。

筋肉トレーニングと骨づくりとは違います。

BCSでは身体に侵襲のない、超音波骨量測定装置を導入し、検査しています。

これは踵(かかと)骨の断面で、骨梁(骨質)部分=硬い部分の割合を測定しており、骨梁面積率で判断しています。

男女とも骨梁面積率30%以上は維持したいところです。

「これで十分」と言いたいところですが、骨量の改善だけではなく、骨質も重要です。

骨質は骨量と違い数値には反映されません。

アンチエイジングに重要な物質は、骨からも分泌されていますので、骨が骨量・骨質ともに健康な状態でないと、勿論その分泌は不十分になります。

骨量、骨質の改善には、適切な栄養摂取や運動、生活改善などの努力が欠かせません。

私も2年前の測定で、あまりの骨梁面積率の低さに青くなったのを覚えています。

女性は特に“閉経”後、骨粗鬆症に拍車がかかるので、「今からこれでは…」と危機感を覚えました。

「私は若いから大丈夫」と思っている方、本当にそうでしょうか?

20歳や30歳代の方々も以前に比べ運動量が減り、食生活が不良となり、外で日に当たる機会が減るなど生活自体が変わってきています。

自分の経験からしても、個人差が大きく、若いからと言って安心はできないと思います。

ただ若いほど、その改善するスピードは速いと思われますので、まずは自分の状態を知って、早くから骨づくりに取り組む事がすすめられます。

しかしながら、70歳や80歳だからもう遅いということも決してありません。

うえやま腎クリニックでは、【骨づくりチャレンジ】を目標に掲げ、スタッフと共にジャンプを主とした運動に取り組み始めました。

その結果、半年で骨量の改善が数値として表れていたのは嬉しい限りです。

私の骨量変化

骨梁面積率

2017年4月

23.3%

2018年10月

28.8%

2019年4月

29.4%

そして今月より、更なる骨力アップを目指して、タンパク質・ミネラルが豊富なオリッジさんのイブシ銀の出汁粉を活用しています。

「骨づくり運動」プラス「天然の栄養摂取」で、次回はどのような結果が得られるか、楽しみです。

声は至上の楽器~音楽療法の活用~

2019/04/08

「耳心地の良い声は至上の楽器だ」と私は思います。

音楽の才能のある方に憧れます。

私も何かにつけ幾度となく取り組んでみたものの、全く身につけることができませんでした。

良い声を聴くと、綺麗な草花や風景を見たり、温泉にゆったり浸かるのと同じような癒しを実感します。

家での作業時には音楽をかけており

one ok rock

my first story

bishop briggs

sofi de la torre

eminem

maroon5

藤田麻衣子

foo fighters

linkin park

等の曲を流していることが多いです。

リズムや歌詞、楽器ももちろん大事ですが、私が最重視しているのは“声”です。

最近驚いた事は、one ok rockとmy first storyのボーカルがご兄弟だったという事です。

My first storyの曲を耳にしたとき、one ok rockの新曲が出たのかと思い、確認したら違うアーティストでした。

「声や発声が似ている人がいるものだな…」と思っていました。

私も姉と声がよく似ているといわれます。

"血縁者の声が似るのは、骨格が似るため響きが似るから"だそうです。

自分では自覚できないですが、このような感じなのだなと納得しました。

私は、音楽を音楽療法の一環としてうまく活用しています。

例えば、集中したいときやリラックスをしたいときに音楽をかけます。

音は耳でとらえますが、脳のブロードマン41・42野に到達し処理されることで知覚できます。

この脳領域の周辺部が音高を同定しようと活性化することが分かっており、それぞれの細胞は特定の周波数、またはその周波数の倍数の音に対して反応します。

耳心地の良い音楽は、いわば「脳のエステティシャン」の様なものではないでしょうか。

音楽療法は伝統医学の一つです。

これからの医療は、これまでの音楽療法等と統合したものになっていくように思います。

なぜなら、慢性疾患は私たちの生活に原因があり、ストレスコントロールも医療において無視できない問題だからです。

しかしながら伝統医療と言われていたものも、時代と共に発展した形態に変化していくため、過去のものではなく「未来医療」といえるのかもしれません。

皆さんも、日常生活の中に音楽を意識して活用されてみては如何でしょうか。

参考文献

平原達也,音を聞く聴覚の仕組み,日本音響学会誌66巻9号(2010),p458-465

筒井末春,音楽療法の歴史と発達,人間総合科学2巻(2001),p71-81

久保牧子,医療領域における音楽療法の役割,昭和音楽大学研究紀要(2005),p46-58

現代医学と伝統医学の融合活用法

2019/03/29

私は年に何回か熱発を起こします。

『何かおかしい、体が重いな』という予兆があり、徐々に関節痛と筋肉痛に見舞われ、体温が38℃まで上昇、そして約1~2日で自然と良くなります。

すぐに良くなるものの、体温上昇時の関節痛や筋肉痛で力が入るためか、全身の凝り症状が残り、完全回復までにはもう少し時間がかかります。

そこで最近は、当院で力を入れているオイルトリートメントやボディケアで調整しています。

適切で良いケアを受けると、施術中から効果を実感し、その後の揉み返しなどの不調もなく、ずっと調子が上がっていきます。

先日も体温が37℃後半とまだ高めな状態が続いていて、顔色も暗い状態だったのですが、約90分の施術後には顔色は明るくなり、体も軽くなりました。

(注:このような対処法は、人にうつる感染症が原因でない場合に限ります。インフルエンザや麻疹など、人にうつる可能性のある感染症が原因の体調不良時には、公共の場には行かないようにしましょう)

元筑波技術大学鍼灸学教授和久田哲司氏は論文「歴史に見るマッサージの効果」で、

「マッサージを含む手技療法は医療技術である。 手技の如何によって治療の成績に大きく影響する。 従って治療技術の修得に努めなければならない。 マッサージは本来、西洋医学における電気療法、水治療法など理学療法の一分野である。」

と記しています。

また日本ダイエット健康協会理事で医師の上馬塲和夫氏は論文「伝統医学の可能性、最も古いものに最も新しいものがある」で、

「伝統医学は共通して、体だけでなく心とSpiritualityのレベルへのホリスティックなアプローチ法を有している。 古い伝統医学ではあるが、将来の生命科学の雛形となる可能性がある」

と記し、現代医学と伝統医学を多面的に比較検討しています。

中でも興味深いのは、“ユナニ医学”です。

ユナニ医学とは、現在もインド・パキスタン亜大陸のイスラーム文化圏で行われている伝統医学であり、古代ギリシャ医学を起源としています。

自然治癒と病気の予防を重視し、生活習慣や環境を病気の原因と考え、生活指導や食事療法を行います。

“生薬”を使用したり、“身体摩擦法”(今でいうマッサージ、整体、整骨などによる身体調整法)や“精神療法”、“音楽療法”も取り入れられているようです。

現代医学といわれるものは19世紀後半から発展しているものを指し、現在の医療現場における主柱です。

しかし、その一方で数百年、数千年の歳月を経ても、今なお続いている伝統医学も、活用すべき医学だと思います。

私は、細菌感染症にかかった時には、現代医学に基づいて勿論適切に抗生剤を使用します。

ですが、私の原因不明の熱発の際は、抗生剤も解熱鎮痛剤も使用しません。

体を十分に温め、食とオイルトリートメントやボディケア、十分な睡眠をとることを治療がわりとして選んでいます。

何か一つの手法にこだわるよりも、状態に応じてできることの選択肢を可能な限り挙げて、その中から選択していく方が、良好な結果に繋がるように思います。

何を選ぶかや、それを実際に行動するかどうかは自分次第ですので、皆様がより良い判断ができるような最新の情報をより多く提供していけるようにしていきたいと思います。

BCSセミナー

2019/03/25

ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

3月17日に第2回BCSセミナーを開催いたしました。

今回のテーマはこちらでした。

「分子栄養学的血液検査の見方」

「正しいサプリメントの選び方」

通常、皆さんが採血検査を受けるのは、健康診断や発病して病院を受診するときや、人間ドック受診等ではないでしょうか。

では、健康診断の結果で何の指摘もなければ、元気な状態だと思ってよいのか。

ここが重要です。

各項目に基準値があり、その範囲を逸脱しているかどうかで精密検査や治療の必要性を判断することになります。

つまり、この健康診断での基準値は「病気ではないですよ」ということがわかるためのもので、細胞が元気かどうか、これから先も元気でいられるかどうかを判断する基準値は異なるのです。

今回受講された方から、「家に帰ってからこれまでの採血を見直してみて、新たな発見がありました」というお声があったり、いま飲まれているサプリメントを見直されたとお聞きしました。

これからも、皆様が実際の生活で活かして、健康で元気に過ごすために役立つセミナーにしていきたいと思います。

次回は4/21(日)9:30-12:00   テーマは“食べて美しく!”です。

鰹節と言えば、鹿児島です。

ゲスト講師に枕崎カツオマイスターの中原先生をお招きしています。

本場ならではの、お出汁実践講座もありますので、ご興味がある方は、是非ご参加頂ければと思います。

私の花粉症対策は”ビタミンD”

2019/03/10

ビューティーコアサポート外来院長の上山です。

最近、花粉症の症状が出ている方が多いのではないでしょうか?

私も数年前の春、突然の鼻水と目のかゆみ症状を認め、抗アレルギー剤を飲んだことがあります。

なぜ、あの春だけ花粉症を発症したのか?

不思議に思っていました。

何が違うのか考えたところ、住んでいた場所と生活リズムの影響ではないかと。

これまで住んでいた中で、最も北に位置した地域に移動して2年目であり、生活スタイルとしても日光にあまり当たらない2年間だったと思います。

その後、年々南へ移動し、分子栄養学的取り組みをするようになり、薬いらずとなりました。

花粉症の症状がでて約2年後のビタミンD血中濃度が25-OHD 32.5ng/mlと欠乏症ぎりぎりでしたので、症状が出ているときはもっと低かったと思われます。

最近のビタミンD血中濃度は25-OHD42.0ng/mlと改善中です。

ビタミンDが関与する疾病は、花粉症だけではありません。

大腸癌や乳癌、糖尿病、高血圧症、心筋梗塞や鬱病など多岐にわたります。

疾病予防からみた至適値は50~80ng/mlと言われています。

元気な状態であるためには、もう少し摂取してもよさそうです。

花粉症で困っている方は、ビタミンD不足である可能性も高いため、花粉症のみならず、病気予防のためにも一度ビタミンD血中濃度を測定されてみては如何でしょうか?

前へ